something special

something special

悩むがことが趣味という24歳のホニャホニャ

気持ちの整理として擲り書き

昨日、好きな女の子に告白した。

 

回答は、それはシンプルに、また答えに近しい感覚を全く感じることもなく、

失敗に終わった。

 

僕の至らなかったことはもちろんある。どうやったら乗り越えられるか、

次は成功につながるのか、を思慮する必要がある。

 

一つ、僕が許せなかったのは、

「まだそんなにお互いのことを知れているわけではないし、、」

と切り出されたことだ。

 

その女性とのメッセージのやり取りは12月24日に始まった。

そして告白をしたのが昨日、1月28日だ。ほぼ一ヶ月。

とても幸せだった。

ラインの返信が来ることに胸の高鳴りが、スマホを操作する指先にまで感じた。 

 

僕は大学時代に大好きだった女の子に対して、

まだ知り合って一ヶ月も経っていなく、機は熟していないと判断し、

他の男に取られた経験がある。

 

だから、告白までは一ヶ月間で、また、それで結果が伴わなくとも、

大学の時の悔しさを味わわなくていいのであれば、それが正義だと思った。

 

だけど、現実は「まだよく知らない」なのだ。

 

一つの正攻法が全ての戦に通ずるわけではない。

その時の状況(人)に合わせて策を講じるのが近道なのだろう。

ただし、その判断を誤ればまた大学の時の感情に立ち会わないといけない。

 

正直、どうすればいいか、わからない。

ただ、フェイスブックを交換することや、1日を通してデートすることで、

より互いを理解できることは可能だった。

 

できない理由を探すのではなく、どうやったら実現できるかを考える。

 

もっともっと自分の気持ちに正面から向き合い、やれることを脳に汗を掻かせて考えたい。