something special

悩むがことが趣味という24歳のホニャホニャ

2016年の振り返り

新年明けましておめでとうございます。

すでに二週間経過しておりますが、

スローライフを掲げる私には丁度いいくらいのご挨拶ペースです。

これも世の中の当然とされていることに対し、

視点を変えたことでなせるのではないでしょうか。

(、、、、単なる私の取りかかりの遅さです。すみません。)

 

さて、2016年を振り返りますが、本当に辛かったです。

もう二度とこんな一年送りたくないくらい、生きてることがわからないくらい、そんな一年でした。

それはリサイクル事業部への指令、小牧という世紀末都市に配属、つまりは全て仕事に起因するものでした。

仕事がこんなにも楽しいことがないなんてびっくりしましたねー。。。

 

とりあえず、細かく見ていきます。

(振り返ると他にも色々あった!)

 

1月

・大好きな女の子に告白→敗北

・高校の仲間、大学の女友達に慰めてもらって、一命を取り留める。

 

2月

・アルバイトの後輩とチャリで琵琶湖一周。しんどかったが、意外とやれる。

 

3月

・チャリで大阪から四国経由で福岡に帰る。途中マジでしんどくなる。仲間とやることで一人では出せない力が出ることを実感。

ヒッチハイクで福岡から大阪へ。ご縁の大切さを改めて感じる。人情が大事だ。

・会社入社。社長が相当なお飾りだと実感。周りの積極的な人を見て、自分の苦手なところを再確認させてもらう。

 

4月

・配属が金環になり絶望する。同時に、自分は相当わがままで、置かれた場所で咲きなさいとは相容れないと自覚する。

カルガリーの友人と再会。気持ちの落ち着きというか、空気感というか、一緒にいて飾らない時間がすごく好き。

・初めてクラブに行く。ついていけず、立ち往生。

 

5月

・研修は寝る日々。

・初風俗。こんなにもいい世界があるのかと昇天。

 

6月